中古車の概要を知ろう

車の状態をじっくりチェックする

中古車を買うのであれば、まず最初に車の状態をじっくりチェックすることが大切です。初心者でもわかるおおよその目安となるのが、走行距離と年式です。走行距離が多いほどその分消耗が激しいと考えることができますし、年式が古ければそれだけ劣化をしている可能性が高いと言えます。しかし、車の状態はこれが全てではありませんから、内外装の状態や整備状況を確認することも重要となります。内外装に気になる部分があれば、見えない部分で雑に扱われていたのではと判断をすることができますし、整備状況が良くないと見た目が悪くても中身に問題がある可能性が出てきます。このように最初は総合的に車の概要を知ることが、いい車を購入するポイントになるのです。

保証の内容を確認する

車は見た目だけでは判断をすることは難しく、良さそうに見えた車でもすぐに壊れてしまうこともあります。そこで中古車を買う時に重要となるのが、保証の有無となります。保証があれば購入後にトラブルに見舞われてしまったとしても、多額の修理費がかからずに済みますから、金銭的なダメージは避けることができます。知識があって自分で整備ができるという人であれば、絶対に保証が無いといけないというわけではないものの、保証がしっかりしているということは、それだけ売り手が車の評価をしているということにつながりますから、そのような面で信頼できる車だと判断をする材料として使うことができます。保証も中古車の状態を知るには重要な判断材料となります。