走行距離で選ぶ

失敗しない中古車の選び方

中古車を買う際には、いくつか気をつけるポイントがあり、これを知っていれば中古車選びに失敗しません。まず、車の年式を調べましょう。年式が古い車は、故障した際に必要な交換部品の生産が終了していることがあり、メンテナンスに支障をきたすかもしれません。また、ボディに傷や凹みを直した跡が無いかチェックしましょう。塗料を塗り直した場合は、日光や照明の当たり具合でムラが見えることがあります。タイヤの溝の深さも重要です。タイヤが擦り減って溝が浅くなっていたら、タイヤの交換時期が近付いていることを示しているため、購入後間もなくタイヤを交換しなければなりません。可能ならボンネットを開けてエンジン周りをチェックしましょう。エンジンオイルが飛び散っていたり、タイミングベルトが摩耗したりしないか確認することが必要です。

走行距離に注目しよう

車の年式と同様に、走行距離も重要なポイントです。走行距離が短ければ、車自体も新しいことが多く、故障も少ないでしょう。走行距離が10万キロメートルを超えている場合は、値段が安くなるものの、一般的にミッションやエンジンといった自動車の枢要部分がかなり摩耗しており、一旦不具合が生じれば修理や交換にかなりの費用がかかるでしょう。よほど希少価値のある車で気に入った場合を除き、可能なら走行距離が5万キロメートル以下の中古車を選ぶことをおすすめします。8万キロメートルを超える走行距離の中古車を購入する際には、購入時に不具合が無くても、乗っているうちに故障や不具合が生じて、修理しながら乗りこなすつもりでいた方が良いかもしれません。逆に、走行距離が3万キロメートル以下であれば、故障の心配なく乗れる可能性が高いと言えるでしょう。